犬の病気は専門病院で治してもらおう|ペットの命を助ける病院探し

その時を考えた準備が大事

遺影

自治体のサポートも必要

ペットブームが続いていますが、実際に飼っている人には家族同様に可愛いものです。特に1人住まいで孤独を感じている人には慰めになります。ペットは人間よりも年をとる速度が速いので、悲しい別れもやってきます。人間と同じく弔ってあげることが必要です。最近はペットの葬儀を扱う葬儀社も増えていますが、わからない人はとりあえず地元の役所に尋ねてみることが大事です。悲しみの中で気持ちも乱れるでしょうが、役所に連絡すれば対応の仕方を教えてくれます。ペットの葬儀社に依頼する時は、初めに予算を確認することが必要です。火葬を希望する場合は個別火葬か合同火葬かによって値段が違ってきます。また遺骨を持ち帰りたい場合は、そのことを伝える必要があります。持ち帰らないのなら、自治体によっては清掃施設で遺体の焼却をしてくれるところもあります。

費用とシステムを確かめる

家族同様にかわいがっていたペットの場合、葬儀を済ませたあとでペット霊園に眠らせてあげたい人もかなり増えています。そのような人はペット霊園で葬儀も行ってくれるところがありますので、事前に調べておくとスムーズに事が進みます。人間と違って霊園にも色々ありますから、事前に調べておくことによって万一の時には慌てずに済みます。自宅に庭がある場合は葬儀だけしてもらって、遺骨や遺灰を持ち帰って埋めて上げるというのもよい供養になります。費用はかかりませんし、毎日自分でお参りすることもできます。また飼い主が高齢者の場合は、訪問火葬をしてくれる葬儀社もあります。少子化などによって今後は独居老人や核家族が増えるので、ペットを飼う家庭も増加します。それに伴ってペットの葬儀を行う葬儀社やペット霊園の需要はますます高まります。